トランス状態の意味・簡単な入り方!ドラッグを使わないスピリチュアルなトランス状態の入り方

トランス状態の意味や具体例とは?トランス状態の入り方とコツを解説

今回の記事では、トランス状態について、詳しい意味と入り方を解説していきます。

ちなみに過去、「変性意識状態」についても記事を書いていますが、今回はトランス状態についてもお話ししていきます。

 

※「トランス状態」と似た話題として「変性意識状態」というものがあります。
トランス状態とつながりの深い話題なので、こちらも合わせてご確認ください。
変性意識状態について説明している記事です。

 

実は、「トランス状態」に憧れている人は、結構いるんです。

もしかしたらあなたも、「1度なってみたい」と考えているのではないでしょうか?

 

トランス状態に至ることができれば、ストレスを自分でコントロールできるようになり、通常ではありえないほどの集中力を得ることができます。

つまり、すべてのしがらみから解き放たれ、潜在能力が解放された状態になるのです。

 

古くから修行僧やシャーマンは、このトランス状態になるために、荒行を繰り返したり、自身に強い苦痛を与えたりしてきました。

しかし実は、トランス状態に入るのに、そこまで辛い思いをする必要はありません。

安全に、かつ簡単に入る方法が存在しているのです。

 

そこで今回は、トランス状態にうまく入るためのコツと、入ることで何ができるようになるのかの具体例を紹介していきます。

  1. トランス状態(変成意識状態)の心理学的意味とは?
  2. トランス状態への入り方とコツ3つ
  3. 【まとめ】誰でも簡単にトランス状態になれる!

 

トランス状態に憧れている人は、ぜひ参考にしてみてください。

 


宇宙はいつも、私たちにサインを送ってくれています。
そのサインを受け取り、意味を知ることで、あなたの人生は今よりもっと豊かになっていきます。

運命の出会いやご縁に恵まれたり
シンクロニシティが日常になったり
自分の本当にやるべきこと、使命に導かれたり
夢や目標が叶っていったり

人生が驚くほど良くなっていきます。

人生を変えるサインをもっと受け取りたい方
【人生を変えるエッセンス】LINEにぜひご登録ください。

毎回200名以上が参加の大人気企画
人生を変えるブロック解放LIVE
「無料招待クーポン」もプレゼント中!


この記事の監修者 心理セラピスト 西澤裕倖が
週間エコノミストにて
セラピスト、カウンセリングを扱う企業として唯一
「2024年を牽引する40人の経営者」に選出されました。

西澤裕倖についてもっと詳しく知る


目次

トランス状態(変成意識状態)の心理学的意味とは?

トランス状態(変成意識状態)の心理学的意味とは?

トランス状態について、心理学的な意味を説明していきます。

きちんと理解しておかないと危険な場合もありますので、しっかりと読み込んでおいてください。

 

まず、一般的なトランス状態については、下記のように定義づけられています。

トランス (英: trance) あるいはトランス状態とは、通常とは異なった意識状態[1][2]、つまり変性意識状態の一種であり、その代表的なものである[2]。
入神状態と呼ばれることも、脱魂状態や恍惚状態と呼ばれることもあり[2]、リハビリテーション、教育、スポーツなどの幅広い領域へと応用されている。

 

トランス状態には以下のようなものがある[1]

催眠によって表層的意識が消失して心の内部の自律的な思考や感情が現れるもの[1]

ヒステリーやカタレプシーにより意識を喪失したもの[1]

宗教的修行によって、外界との接触を絶ち、法悦状態になったもの[1]

(引用:wikipedia)

 

これを心理学的に言えば、潜在意識が表に出て、活発に働いている状態ということです。

普段は自覚できないはずの意識が表層に出てきますので、日常的なものとは違った意識状態になります。

普段感じているはずのストレスが一気に消失したり、異常なまでの集中力を発揮したりできるようになるのです。

スポーツ選手なんかは、「ゾーンに入る」という言い方をする人もいますね。

これが、トランス状態と呼ばれるものです。

 

さらにわかりやすく例えるなら、泥酔している状態も一種のトランス状態です。

普段は抑えられている意識が表に出てくることにより、まるで人が変わったような態度をとります。

普段感じている葛藤や遠慮という意識が消失し、ありのままに思ったことすべてを言動に移すのです。

 

実際、昔のシャーマンなどは、アルコールや薬物に頼って、自身をトランス状態へと導いてきました。

しかし、かなり危険で、あまり質の良いトランス状態になれませんので、過度なアルコールや薬物は絶対にやめておくようにしてください。

 

臨床心理学者であるカールロジャースは、変性意識が正しく利用されれば、癒しの効果を得られると述べています。

危険な手段に頼らず、安全にトランス状態に入ることができれば、心の健康を維持することもできるのです。

 

トランス状態と聞くと、アルコールや薬物のイメージが強く、「危ない状態」であると勘違いする人もいます。

そして事実、間違った方法をとれば、危険なトランス状態になってしまうこともあるのです。

 

しかし、トランス状態は、決してそれだけではありません。

トランス状態にうまく入ることができれば、自分に大きな癒しと効果をもたらしてくれるのです。

 

 

トランス状態への入り方とコツ3つ

トランス状態への入り方とコツ3つ

ここからは、安全にトランス状態に入るための方法とコツについて説明していきます。

安全にトランス状態に入りたいのなら、下記の方法を試してみてください。

 

  1. 瞑想をする
  2. トランス状態に導く音楽を聴く
  3. 自己催眠をかける

 

本記事で紹介しているのは、アルコールや薬物に頼らず、癒しを得られる方法です。

その分、慣れるまでに少し時間を要するかもしれませんが、成功すれば質の良いトランス状態に入れます。

ぜひ読み込んで、安全なトランス状態を楽しんでください

 

 

安全なトランス状態への入り方1.瞑想をする

トランス状態に入る方法として、もっともポピュラーな方法が瞑想です。

修行僧なども、よく行う手法ですね。

 

瞑想を行うさいは、静かな場所、楽な姿勢で、15分を目処に行うようにしましょう。

あまり長い時間やろうとしても、最初のうちは集中力が続きません。

アラームなどをセットしておき、きっちり時間を決めて行ってください。

 

また、実践するのは、就寝前のタイミングがおすすめです。

脳がもっともリラックスしているタイミングですので、うまく集中することができます。

 

ただし、瞑想は間違ったやり方をすると危険な側面もあります。

瞑想の詳しい情報に関しては下記の記事でまとめていますので、参考にしてみてください。

⇒あなたの瞑想は危険かも?安全な瞑想のやり方と効果とは?

 

 

安全なトランス状態への入り方2.トランス状態に導く音楽を聴く

トランス状態に入るためには、ヘミシンクを聴くと効果的です。

 

ヘミシンクは、超心理学者ロバート・モンローによって開発された特殊音声です。

うまくいけば、聴くだけでトランス状態に入れると言われています。

そして慣れれば、深いリラクゼーション、知覚の拡大など、さまざまな体験ができるようになるのです。

 

聴くだけということで簡単に試せますので、興味があれば、下記をぜひ聴いてみてください。

 

Cosmic Traveler

【Cosmic Traveler】

(著)Monroe Products

 

モンロー研究所が公式に販売しているヘミシンクCDです。

意識の深く拡大した状態へと導かれるように、ヘミシンクの周波数がうまくブレンドされています。

ヘミシンクに興味があるなら、まずこちらを手に取ってみることをおすすめします。

 

 

安全なトランス状態への入り方3.自己催眠をかける

自己催眠をかけることより、トランス状態に入ることができます。

 

自己催眠には、下記、2つのステップがあります。

 

  1. 催眠状態をつくる
  2. 暗示を入れる

 

このステップ1の催眠状態が、いわゆるトランス状態になるわけです。

ちなみに催眠状態は、脳波のシータ波が(8Hz~4Hz)の状態であるとされています。

トランス状態も、同等であると考えて良いでしょう。

 

自分で自分を催眠状態に入れるためには、下記の手順を踏んでください。

 

  1. 気になることをすべて片づける
  2. 楽な服装に着替える
  3. 少なくとも1時間以上は邪魔の入らない静かな空間を作る
  4. リラックスできる姿勢になる
  5. 何かリズムを刻む音源を用意する
  6. 何も考えず、ただリズムに集中する
  7. 集中できるようになったら目を閉じ、音だけが入ってくるようにする
  8. アラームなどの時間を設定しておいて、催眠状態から帰ってこれるようにしておく

 

上記の手順を行うことで、催眠状態、つまりトランス状態に移行することができるのです。

 

ただし、始めて1回目でいきなりトランス状態になるのは難しく、何回か回数をこなす必要があります。

ですので、1日1回までを目処に、何回か繰り返し行ってみてください。

そうすれば、徐々にうまくいくようになるでしょう。

 

 

トランス状態に入ると何ができる?具体例を紹介!

トランス状態に入ることで、潜在意識の書き換えを容易に行うことができるようになります。

これは、トランス状態に入ることにより、普段は深層に隠れている潜在意識が表層に出てくるため、可能になるのです。

 

そして、潜在意識の書き換えができれば、大抵の願望を引き寄せられるようになります。

たとえば下記は、その一例です。

 

  • 恋愛が成就する
  • 仕事で大きな成果を上げられる
  • 起業が成功する
  • お金が舞い込んでくるようになる
  • 入試や就職活動で希望通りのところに入れる
  • 魅力的になる
  • 良い縁を引き寄せられるようになる

 

などなど、良い効果を多々得られるようになるのです。

 

ただ、いくらトランス状態になれても、潜在意識の書き換え方を知らなければ十分に効果を得ることができませんので、併せて下記の記事も読み込んでおいてください。

潜在意識の書き換え方法について、かなり詳しくまとめてあります。

⇒【保存版】潜在意識の書き換えで願望を引き寄せる方法

 

また、「興味はあるけれど、実際にトランス状態に入るのはどうしても怖い」という方もいます。

そういう方の場合は、別のアプローチで潜在意識の書き換えを行えば、同様の効果を得ることができますよ。

 

現在未知リッチでは、「潜在意識で人生を書き換えるメール講座」という無料メルマガを配信しています。

主催者の西澤さんは、今までに3000人以上の潜在意識を書き換えてきたプロの心理セラピストです。

そんな西澤さんの作ったメール講座なので、潜在意識の書き換えに役立てていただけます。

さらに講座内では、西澤さんのカウンセリングをお得に受けられる案内もしていますので、ぜひチェックしてみてください。

プロの力を借りている分、トランスよりも安全に潜在意識に触れることができますよ。

 

⇒3000人の人生相談から導き出した!願った通りの使命を引き寄せるたった1つの方法とは?

 

 

【まとめ】誰でも簡単にトランス状態になれる!

【まとめ】誰でも簡単にトランス状態になれる!

今回は、トランス状態についてお話してきました。

 

トランス状態とは、普段は深層に潜んでいる潜在意識が表層に出てきている状態であり、日常的な意識とは異なる在り方の意識状態のことを言います。

 

このトランス状態になるために有効な手段として、下記の3つを紹介させていただきました。

 

  • 瞑想をする
  • トランス状態に導く音楽を聴く
  • 自己催眠をかける

 

ぜひ試してみて、自分に合った方法でトランス状態を楽しんでください。

また、上記以外に、アルコールや薬物に頼るという方法も、一応あります。

しかし、アルコールや薬物に頼る方法はとても危険で、しかも違法な場合もありますので、絶対にやめておきましょう。

 

安全に、良いトランス状態に入ることができれば、潜在意識の書き換えが容易に行えるようになりますので、下記のような効果を得ることができます。

 

  • 恋愛が成就する
  • 仕事で大きな成果を上げられる
  • 起業が成功する
  • お金が舞い込んでくるようになる
  • 入試や就職活動で希望通りのところに入れる
  • 魅力的になる
  • 良い縁を引き寄せられるようになる

 

このように、大抵の願望を叶えることができるようになるのです。

 

トランス状態と聞くと、「普通の人には入れないもの」だったり、「なんだか危険な状態」だったりと、ネガティブなイメージを抱く人も少なくありません。

しかし、安全な方法でトランス状態に入ることができれば、とても大きな恩恵を授かることができるのです。

 

安全な方法をマスターして、あなたもトランス状態を楽しんでみてください。

 

 

 

この記事の監修者

西澤さんプロフィール西澤裕倖
潜在意識に存在する【メンタルブロックを取り除くこと】を専門とする心理セラピスト。自身で発見した心のブロックの外し方を体系化して伝えている…プロフィール詳細はこちら

Facebook / Instagram / LINE / Youtube / Wikipedia

 

コメント

コメントする

目次