エンジェルナンバー「20」の意味は?恋愛運・金運メッセージも解説

「ふと見た数字がいつも同じ」といった経験はありませんか。

同じ数字ばかり見かけると、どうしても気になってしまうでしょう。

その数字は天使たちからのメッセージである『エンジェルナンバー』です。

天使たちは、数字を使ってあなたに大切なメッセージを届けようとしています。

その意味を知って、普段の生活に役立てていきましょう。

本記事ではエンジェルナンバー「20」によるメッセージを紹介します。

どのような数字なのか、ぜひ内容をご確認ください。


今あなたの目の前に来ている様々なサインを、もっとあなたの人生に活かしていきませんか?

・最近シンクロニシティがよく起こる
・繰り返し目にする数字や言葉がある
・最近、人生の流れが変わった気がする
・スピリチュアルなことに興味を持ち始めた

など、人は日常の小さなところで、人生の大切なサインを受け取っています。

これらのサインの答えや、人生への活かし方は
あなたの潜在意識が知っています。

シンクロニシティを日常にし
もっと人生を豊かにしていく方法を

読者1万人以上
【潜在意識で人生を書き換える】
37日間の無料メール講座
でお伝えしています。

大手書店3店舗 週間ランキング1位
京都新聞掲載
アマゾン評価★4.0
 の大好評書籍
『凡人がお金持ちになるための10の秘密』
1章85ページ分も合わせてプレゼント中


ぜひ、あなたの人生をより豊かなものにして下さい。


目次

1.エンジェルナンバー「20」の意味とメッセージ

エンジェルナンバー「20」による、基本的な意味とメッセージを紹介します。

特に大きな意味は次の2つです。

  • 信じる気持ちを大切にする
  • 楽観的に受け止める

それぞれについて解説しますので、どのような意味かチェックしてみましょう。

信じる気持ちを大切にする

エンジェルナンバー「20」には、信じる気持ちを大切にするという基本的な意味があります。

「信じる気持ち」を意味しているのが数字の「2」です。

自分や周囲の人々を信じる気持ちを、けっして失わないようにしてください。

ときには「味方がいない」と感じるような、つらい日があるかもしれません。

そんなときでも、自分を信じて努力を続けていきましょう。

信じる気持ちが、苦境を乗り越える大きな力になりますよ。

楽観的に受け止める

エンジェルナンバー「20」には、楽観的に受け止めるという基本的な意味もあります。

もっと楽観的になっても大丈夫です。

そうはいっても、過去のトラウマから、つい悲観的になる人も多いでしょう。

天使たちはポジティブな思考を好みます。

つい悲観的に考えるクセがあるのなら、少しずつでも構いませんので、変えていきましょう。

自分の気持ちを軽くするためにも、ぜひ意識してみてくださいね。

2.エンジェルナンバー「20」の恋愛運とツインレイについて

エンジェルナンバー「20」が教えてくれる、恋愛運とツインレイについても紹介します。

「20」は愛情という意味がある数字です。

あなたの願いが叶うときが近づいています。

ただし、その願いを叶えるためには努力が必要です。

恋愛・ツインレイそれぞれについて見ていきましょう。

2-1. 「20」は愛情という意味がある

恋愛でエンジェルナンバー「20」が持つ意味のうち、特に大きなものが「愛情」です。

  • 恋人がいる場合
  • 恋人がいない場合

3つのシチュエーションにわけて紹介します。

恋人がいる場合

恋人がいる人にとって、エンジェルナンバー「20」は愛情と調和を意味する数字です。

「2」には愛情・調和・信じる気持ちといった意味があります。

パートナーに対する愛情と信じる気持ちがあれば、ふたりの関係が次第に整っていくでしょう。

ふたりの関係を整えるためには、明るく楽観的に考える必要があります。

ネガティブな感情は捨てるように意識してみてくださいね。

恋人がいない場合

恋人がいない人にとって、エンジェルナンバー「20」は「すべての始まり」を意味する数字です。

あなたの願いが天に届き、素晴らしい出会いに恵まれる可能性があります。

その出会いを見逃さないよう、注意しましょう。

楽観的に考えると良い結果につながります。

どうせ出会いなんかない・合う人がいないとネガティブに考えるのはNGです。

出会いを引き寄せられるよう、ぜひ楽観的に過ごしましょう。

片思いの場合

片思いをしている人にとって、エンジェルナンバー「20」は愛情を意味している数字です。

「20」には、愛情・すべての始まりといった意味があります。

良い結果になると信じて、自分から積極的に動いてみましょう。

相手に対する愛情が本物なら、片思いが成就する可能性がありますよ。

2-2. 「20」のツインレイからのメッセージ

ツインレイにまだ出会っていないなら、「20」は出会いが近づいている暗示です。

「2」は神の力・宇宙のエネルギーといった意味があります。

神聖な力が、あなたとツインレイを近づけてくれるでしょう。

その出会いに気づけるよう、自分を浄化していく必要があります。

デジタルデトックスをしたり、瞑想したりする方法がおすすめです。

出会いを引き寄せられるよう、天使たちもサポートしてくれますよ。

すでにツインレイと会っているのなら、信じる気持ちが重要です。

周囲の声に惑わされる必要はありません

ふたりが正しいと信じる道を進みましょう。

お互いを信じる気持ちを大切にすると、愛情を深められます。

サイレント期間を迎えている人にとって、エンジェルナンバー「20」は楽観を意味する数字です。

つらいサイレント期間を終わらせるには、魂を成長させる必要があります。

そのために自分を高める努力を続けている人も多いでしょう。

しかし、頑張り過ぎると疲弊してしまいます。

「やがて終わる」と楽観的に考え、ときには休息も取ってくださいね。

3.エンジェルナンバー「20」の金運について

天使たちは、エンジェルナンバーを通じて金運についてのメッセージも送ってくれています。

「20」を繰り返し見るのなら、金運は好調です。

宇宙のエネルギーによって、幸運が訪れる可能性があります。

だからといって、浪費はNGです。

浪費を続けていると金運は下がってしまいます。

自分の成長につながるようなお金の使い方を考えてみてください。

金運が安定するよう、引き続き努力していきましょう。

4.エンジェルナンバー「20」の仕事/転職について

エンジェルナンバー「20」による、仕事と転職でのメッセージも紹介します。

仕事運・転職運は悪くありませんが、成功を手に入れるためには努力が必要です。

それぞれの意味についてチェックしてみましょう。

4-1. 「20」の仕事運について

エンジェルナンバー「20」は、仕事でも信じる気持ちを暗示する数字です。

自分が持つ能力を強く信じて行動しましょう。

  • やり遂げられる
  • 絶対にうまくいく

そう思って努力を続けていくことに価値があります。

いずれ報われる日が訪れますので、ぜひ信じる気持ちを大切にしてくださいね。

4-2. 「20」の転職について

転職において、エンジェルナンバー「20」は、理想を意味している数字です。

あなたにとって、すべての始まりとなるような、理想とする職場を見つけられる可能性があります。

これから転職したいと考えているのなら、積極的に挑戦してみてもよいでしょう。

ネガティブな気持ちで転職活動をしても、うまくいかない可能性が高くなってしまいます。

うまくいくと楽観的に考えて行動してみてください。

5.「20」の数字の意味

エンジェルナンバー「20」が持つ、数字の意味を解説します。

「20」の場合は、特に大きな意味を持つのは数字の「0」と「2」です。

数秘術では、すべての数字を足した合計も意味を読み解くのに使います。

「20」なら「0+2=2」となるため、「2」の意味が強いということになるのです。

それでは「0」「2」が持つ意味をチェックしていきましょう。

「0」の意味

「0」は『すべての始まり・神の力・宇宙のエネルギー・神聖・無限・瞑想・浄化・ワンネス・再生』などを意味する数字です。

神の力や宇宙のエネルギーがあなたを包み、導いてくれるでしょう。

「すべての始まり」は、「0」が教えてくれる要な意味です。

始まりを求めて、自分から行動してみてください。

天使たちも、積極的に行動するあなたをサポートしてくれますよ。

「2」の意味

「2」は『調和・信念・理想・楽観・思考・愛情・奉仕・信じる気持ち』は、などの意味がある数字です。

特に「愛情」や「信じる気持ち」が大切な意味となります。

周囲の人に対する愛情や、信じる気持ちを忘れないようにしましょう。

また、「楽観」も「2」が持っている重要な意味のひとつです。

悲観的になってしまうと、幸運が遠ざかってしまうかもしれません。

あまり深刻にならず、楽観的に物事を考えるよう、意識してみてくださいね。

以上、エンジェルナンバー「20」についての解説です。

今のあなたの状況が少しでも良くなることを祈っています。

 

この記事の監修者

西澤さんプロフィール西澤裕倖
潜在意識に存在する【メンタルブロックを取り除くこと】を専門とする心理セラピスト。自身で発見した心のブロックの外し方を体系化して伝えている…プロフィール詳細はこちら

Facebook / Instagram / LINE / Youtube / Wikipedeia

 

コメント

コメントする

目次