エンジェルナンバー「484」の意味は?恋愛運・金運メッセージも解説

学校でも職場でも、突然の人事異動や、自分の行く先が変わること、ありますよね。

思いもよらない転校だったり、人員不足になった部署への出向だったり。 

そして、それが自分の望んだ方角にその舵が切られていませんか?

 

それは、あなたが今まで努力を積み重ね、成長した結果、呼び込んだ幸せなのです。

 

この「484」では、あなたが日頃一生懸命に励んできたものが、天使たちに認められ、そのご褒美に、そういった突然の環境変化が訪れているのです。 

環境が変わることは時に不安になることもあるかもしれませんが、心配はいりません。

この変化は、あなたを祝福しているのです。 

では、以下具体的に説明していきますので、是非参考にしてみてくださいね。

 


今あなたの目の前に来ている様々なサインを、もっとあなたの人生に活かしていきませんか?

・最近シンクロニシティがよく起こる
・繰り返し目にする数字や言葉がある
・最近、人生の流れが変わった気がする
・スピリチュアルなことに興味を持ち始めた

など、人は日常の小さなところで、人生の大切なサインを受け取っています。

これらのサインの答えや、人生への活かし方は
あなたの潜在意識が知っています。

シンクロニシティを日常にし
もっと人生を豊かにしていく方法を

読者1万人以上
【潜在意識で人生を書き換える】
37日間の無料メール講座
でお伝えしています。

大手書店3店舗 週間ランキング1位
京都新聞掲載
アマゾン評価★4.0
 の大好評書籍
『凡人がお金持ちになるための10の秘密』
1章85ページ分も合わせてプレゼント中


ぜひ、あなたの人生をより豊かなものにして下さい。


目次

1. エンジェルナンバー「484」の意味とメッセージ

 この「484」という数字は、取り巻く環境の変化などがあっても、ポジティブに進めば、運気に乗り、良い方向へ物事が転がっていくと言うナンバーです。

 

そして、あなた自身、その祝福を受けとれるだけの、器が存在しているということです。

 

ただここで、一つだけ。

その祝福は、あなたの欲で奪い取るものではありません。

自分から、もぎ取ろうとしても、その幸福はおりてきません。

 

これは、あなたへのプレゼントになるので、渡されたものを受けとる形になります。 

この「484」というナンバーでは、全て回りから、あなたへ与えられるものです。 

是非両手を広げて、その祝福をうけとりましょう。

 

2. エンジェルナンバー「484」の恋愛運とツインレイについて

 恋愛の悩みとは、老若男女問わず、誰しもが抱える悩みでしょう。

では、この「484」が恋愛にきたす影響を見ていきます。

 

「484」でツインレイとの出会いはサインを見逃さないで

「なかなか運命の人と出会えない」とか「自分はいつになったら、出会えるのか」と思っている方が、いらっしゃるとしたら、それはきっと、あなた自身の構え方に原因があるのかもしれません。

 

この「484」というナンバーでのツインレイとの出会いは、恐らくもう、始まっています。

そして、サポートをしている天使たちは、そのサインをあなたに送っているはずです。

 

もし、あなたがツインレイとの出会いを欲しているのであれば、そのサインを見逃さないでください。 

そして、そのサインを見逃さないためには、あなたがポジティブに前を向いていなければ、気付けないでしょう。

 

日々の中には、不安や迷いが生じることはありますが、その気持ちに引きずられないように、自分自身をポジティブに保ってください。 

そして、「484」というエンジェルナンバーを信じてください。

あなたのすぐそばに、ツインレイはいるはずです。

 

「484」でのツインレイは相手を信じて

いくらパートナーになったからと言っても、年がら年中一緒にはいられませんよね。

生活のリズムも違うでしょう。

また、一緒に暮らしていても、お互い仕事を持っていたりすれば、そちらの付き合いも出てくるかもしれません。

 

例えば、忘年会や新年会、また、送別会や新入生歓迎会などが入り、相手が夜も遅く帰るなんてことが発生したとします。

 

あなたの中には「ほかに好きな人ができてしまうかも」なんていう不安がよぎったりしてしまうでしょうか?

そういった心配から、何となく笑顔も出せず、その日の出勤になってしまえば、そういった会に出席する方も、行き辛くなってしまいますよね。

 

そんなことが積み重なれば、逆に相手もはっきりとは言い出せなくなり、余計に溝が広がってしまうでしょう。

 

この「484」では、どんな時でも、相手を信用してくださいと言っています。 

あなたが悩んでしまうほど、不誠実なパートナーではないはずです。

また、あなたが選んだ目に間違いはないでしょう。

 

ツインレイは魂で結ばれた相手です。 

それでも不安が消えないのなら、一人の時間に天へその不安を投げてください。

きっと素敵な答えを天使がくれるはずです。

 

「484」での片思いなら最大の味方である自分をつけて

誰かを好きになったとき、同時に不安が湧き上がりますよね。

 

「こんな自分では、不釣り合いではないのか?」とか「自分など好きになってくれるはずがない」などの不安。どうしても自分を卑下してしまうような思いに駆られると思います。

 

でも、自分が思うほど、周りからはそんな酷い目でみられていることはありません。

 

この「484」では、誰かに思いを抱いたとき、まずは自分のことを知ることから始めるように言っています。

 

自分には人に負けない魅力があるとか、自分には何々ができるといった長所。

また逆に、自分はこういうところがダメだとかという短所。

 

自分自身を自己分析して、直すところを直していけば、あなたの魅力はもっと上がって、自分に自信がつくはずです。

たとえその相手と結ばれなかったとしても、その間にあなたが努力した部分は、あなた自身の魅力となっているはずです。

 

誰かに思いを寄せるほど、人間は魅力を増していきます。

 

是非恋を多くして、自分に自信を持ってください。

 

3. エンジェルナンバー「484」の金運について

「484」での金運は周りを信じることから

この「484」の金運を上げるには、周りを信用してほしいと言っています。

 

「でも、信用したら、騙されて散財しちゃったよ」

 

中には、そんな方もいるでしょう。

確かに大金を手にすると、それを目当てに近づく輩もいます。

 

けれど、どうしても大金を動かさなければならないときってありますよね。

 

例えば車や家を購入するとき、必ず大金が動くと思います。

そんな時、一人で全部決めてしまいますか?

 

恐らくローンを組んで、毎月いくらずつ支払ってという話になるかと思います。

 

そんな時は、やはり、パートナーや、一緒に住んでいる家族と相談されますよね?

そして、周りを信じることで、納得した答えが出てくるかと思います。

 

周りが納得した使い道であれば、きっと誰もが幸せになれるのではないでしょうか? 

この「484」ではそういった意味で周りを信用してほしいと言っているようです。

 

 4. エンジェルナンバー「484」の仕事について

「484」での仕事は失敗が成功の基

人は生活するうえで、必ずどこかの場所で失敗というものを経験するはずです。

 

社会に出て、仕事で失敗してしまうことなんてこと、よくあると思いませんか?

 

そんな時、上司から怒られ、落ち込み、前に進めなくなってしまうこともあるのではないでしょうか?

 

でも、その失敗をいつまでも引きずってしまうと、あなたの仕事の上での成長もそこで止まってしまいます。

 

この「484」では、失敗は成功の基だと言っています。

 

失敗することで、自分の苦手な分野や、また、今後どういったことに気を付ければよいのかがわかりますよね。

 

もちろん、毎回同じところで失敗していたら、成長の影も見えませんが、失敗をすることで、次につなげることもできるのです。 

 

5. 「484」の数字の意味

エンジェルナンバーとは、0から9まで、それぞれの数字に意味を持っています。

ここではその数字について紹介していきます。

 

「4」の意味

「4」   というナンバーは土台や安全・安心といった意味があります。他にも天使に一番近い数字ともいわれています。

「8」の意味

「8」   というナンバーは、豊かさを表しています。また、無限の意味も持っています。けれど、頑固であるという意味にも使われるようです。

 

 

以上、エンジェルナンバー「484」についての解説でした。

このナンバーはミラーナンバーとも呼ばれ、本来持っている意味を強調するナンバーでもあります。

 

また、このナンバーの潜在的なメッセージは4+8+4=1+6=7となる為、色々なチャンスがあなたのところに集まる可能性も秘めています。

周りの環境の変化と共に訪れる福をつかみ取って、是非幸せな毎日を送ってください。

 

執筆:萌葱

 

この記事の監修者

西澤さんプロフィール西澤裕倖
潜在意識に存在する【メンタルブロックを取り除くこと】を専門とする心理セラピスト。自身で発見した心のブロックの外し方を体系化して伝えている…プロフィール詳細はこちら

Facebook / Instagram / LINE / Youtube / Wikipedeia

 

コメント

コメントする

目次