エンジェルナンバー「494」の意味は?恋愛運・金運メッセージも解説

今まで生きてきた中で、どうしてもあなたの手が必要だと言われたときはありませんか? 

特にお医者様や看護師さんなど、たまたま居合わせた交通機関で、呼び出しを受けたことなどないでしょうか?

 

今回の「494」というナンバーは、あなたの力を必要としている人がいて、その使命を果たす時だと告げているナンバーです。 

では実際どう必要とされているのか、この後、詳しく解説をしていきましょう。

 


今あなたの目の前に来ている様々なサインを、もっとあなたの人生に活かしていきませんか?

・最近シンクロニシティがよく起こる
・繰り返し目にする数字や言葉がある
・最近、人生の流れが変わった気がする
・スピリチュアルなことに興味を持ち始めた

など、人は日常の小さなところで、人生の大切なサインを受け取っています。

これらのサインの答えや、人生への活かし方は
あなたの潜在意識が知っています。

シンクロニシティを日常にし
もっと人生を豊かにしていく方法を

読者1万人以上
【潜在意識で人生を書き換える】
37日間の無料メール講座
でお伝えしています。

大手書店3店舗 週間ランキング1位
京都新聞掲載
アマゾン評価★4.0
 の大好評書籍
『凡人がお金持ちになるための10の秘密』
1章85ページ分も合わせてプレゼント中


ぜひ、あなたの人生をより豊かなものにして下さい。


目次

1. エンジェルナンバー「494」の意味とメッセージ

 この「494」という数字は、何でもない日常の中でも、あなたの力を必要としている人がいて、あなたの持つ力を、今発揮して欲しいんだと告げています。

 

「でも、自分には特殊な免許なんかないし、そんなに必要とはされないんじゃないかな?」と思う方もいるでしょう。 

確かに冒頭でのお話のように、誰もが医者や看護師の免許を持っているわけではありません。

しかし、例えば、重たい荷物を運んでいて、一人でも多くの方の力を欲している場面に出くわしたとしたらどうでしょう。 

また、たまたま乗った電車にあなたが座っていたとします。けれど、目の前に、妊婦さんやお年寄りが立たれたら、席を譲ったりしませんか?

 

そんな些細なことであっても、それは、あなたに課せられた使命なのです。 

もし、この「494」というナンバーを見たら、周りに自分の力を必要としている人がいないか注視してみてください。

 

2. エンジェルナンバー「494」の恋愛運とツインレイについて

 恋愛の悩みとは、老若男女問わず、誰しもが抱える悩みでしょう。

では、この「494」が恋愛にきたす影響を見ていきます。 

「494」でのツインレイとの出会いはトラウマを乗り越えましょう

出会いがあれば別れもあります。初恋の方と結ばれて、何の障害もなく過ごせる方の方が少ないと思います。

 

そんなあなたは、もしかしたら、過去に、幾度もの別れや、かなわない思いを経験されたことがあるのではないでしょうか?

 

「自分を見初めてくれる方などいない」という思いも、そういった別れを経験してきたからなのでしょう。

同じような原因で別れを何度も経験していれば、どうしても、それがトラウマになってしまいますよね。

 

けれど、この「494」というナンバーからは、ずっとその思いを引きずったままだと、目の前に、運命の方が現れても、気付けないというメッセージが発せられています。

 

そして、天使たちが、心を閉ざしてしまっているあなたを心配のまなざしで見つめています。 

過去に起きた別れや、痛みは、そのまま封印して、新たな道へと進みましょう。

 

そのトラウマを乗り越えることで、新しい道が開けるはずです。

そして、そこにはツインレイとの出会いも待っています。

 

494」での恋愛は決断の時

何となく、告白されて、付き合って、向こうが勝手に別な人を作ってしまったりして、別れてなんて、恋愛を繰り返していませんか?

 

いつでも、相手の思うままに従ってしまってきたあなたの恋愛ですが、この「494」が現れたということは、今回の件に関しては、あなたが決断をするときのようです。

 

今まで、停滞気味で、なかなか前に進まなかった恋愛ですが、それを動かすのは、あなたの意志によるものです。

 

今のパートナーと一緒になるのも、何となく見切りをつけて、別れるのも、あなたの思い次第。 

決断を出すのは、勇気がいることです。

 

けれど、この「494」というナンバーは、それをあなたに託すことで、今後の恋愛を良い方へ導きたいと言っているのです。

 

「494」での片思いは自分らしいアプローチを

好きな方ができると、何かと背伸びをして、自分をよく見せようとしてしまいますよね。

でも、この「494」では、自分のありのままの姿で、相手にアプローチをしてほしいと言っています。

 

「男たるもの、やっぱり格好をつけたい」とか「女だから、女性らしい部分を見せて好感度を上げたい」という思いはそれぞれあるでしょう。

 

でも、そこに、普段では出せないような額の出費や、今まで家のお手伝いもままならなかったのに、無理をして家庭的な部分を見せようとしたとしましょう。そんなことが続けば、肉体的にも精神的にもすごいダメージを受けてしまいますよね。

 

無理は、ずっと続けられるものではありません。

 

そのため、この「494」ではあなたができる、あなたらしいアプローチの仕方を提案しているのです。

 

例えば、その片思いが実らなかったとしても、そこで、自分らしさを出せたことは、あなたのスキルになるので、無駄にはなりません。

 

自分のスキルを上げて、今以上の素敵な人を目指してみてください。

 

3. エンジェルナンバー「494」の金運について

「494」での金運は外見より内面磨き

 

社会人になり、おしゃれも自分の給料でできるようになると、あれもこれもとコレクションのように集めてしまう人、いますよね。

 

例えば、今までは手が出なかったブランド物にこだわるとか、着るもののほか、身に着ける貴金属だったり、持ち歩くバックだったり。

 

確かに働いているのだから、そういったものを、ローンを組んで買うのは自由なのですが、気付くと、毎月そのローン返済に追われて、貯蓄がないなんて方もいるのではないでしょうか?

 

この「494」では、そういったことの起きないよう、警鐘を鳴らしています。

まずは、自分の中身を磨いて欲しいと。

 

倹約ができ、ちゃんと毎月の決まった貯蓄ができる能力。

やはり、この部分は、一緒に暮らすなら、この先とても大事な部分ですよね。

 

また、着飾らなくても、小綺麗で、いつも清潔そうな石鹸の香りが漂うような人は信用ができると思いませんか?

 

たまにの贅沢なら息抜きになるかもしれませんが、常にローンを組んで、高価なものを身に着けても、大きくなるのはプライドだけになってしまうのではないでしょうか?

 

そのプライドを保つために無理をしても疲れてしまうだけです。

 

この「494」というエンジェルナンバーが気になる方、もしくは、こちらの文章を読んで気になった方は、まず、お金の掛からない自分の中身の改善をしてみましょう。

 

そして、毎月の決まった額の貯金で、手持ち財産が増えると、余裕も生まれ、金銭的にも気持ちが豊かになるはずです。

 

4. エンジェルナンバー「494」の仕事について

「494」での仕事運は基礎を固めることで飛躍する

人は急に大きな仕事や、大切な案件を任されたりはしません。

もし、そういった仕事に、興味を抱いたのなら、まずは、上司に認めてもらえるように、誠実で、確実な仕事のできる人間にならなければなりません。

 

そうなるためには、今あなたに与えられた仕事を限りなく100%に近い形で納められるように、取り組んで下さい。

 

この「494」というナンバーでは、その積み重ねが、大事だと言っています。

コツコツと取り組み、着実に信用をあげることで、いずれあなたに大きな仕事が任されるように、内容も変わってくるでしょう。

 

5. 「494」の数字の意味

エンジェルナンバーとは、0から9まで、それぞれの数字に意味を持っています。

ここではその数字について紹介していきます。

 

「4」の意味

「4」   という数字は安定や安心、また現実的であるという数字です。他にも天使に一番近いと言われているナンバーです。

 

「9」の意味

「9」   という数字は使命を果たす時だという意味が込められています。他にも目標達成や社会奉仕という意味もあります。

 

 

以上、エンジェルナンバー「494」についての解説でした。

 

この数字はミラーナンバーとも呼ばれ、そこに記される意味を強調します。

 

また、潜在的な意味では4+9+4=1+7=8となり、実り豊かな数字となります。

そのため、あなたの周りも、あなた自身にも、実りある時期だと言っているのです。

 

ポジティブに進むことでたくさんの幸を受け取れるはずです。

是非全身で幸せを感じ取ってください。

 

執筆:萌葱

 

この記事の監修者

西澤さんプロフィール西澤裕倖
潜在意識に存在する【メンタルブロックを取り除くこと】を専門とする心理セラピスト。自身で発見した心のブロックの外し方を体系化して伝えている…プロフィール詳細はこちら

Facebook / Instagram / LINE / Youtube / Wikipedeia

 

コメント

コメントする

目次