マインドフルネスおすすめ本13選!わかりやすい初心者向けの本から実践書まで紹介

マインドフルネス瞑想おすすめ本13選【アマゾンランキング上位も】

今回は、マインドフルネスを鍛えるためにおすすめな本を13冊紹介していきます。

とくに、今からマインドフルネスを勉強したいという人は、ぜひ確認してください。

 

マインドフルネスは、開発することで、身体と脳に良い影響を与えることができます。そのため、下記のような良い変化を実感することができるようになるのです。

 

  • コミュニケーション能力の向上
  • ストレス耐性の強化
  • 仕事の効率化
  • 集中力の向上
  • 自信の獲得

 

すでに多くの企業で、社員教育としてマインドフルネスが導入されているという事実があります。

有名なところだと、世界的超一流企業である「Google」が導入していますね。

自分の持つパフォーマンスを完璧に発揮できるようになりますので、仕事も恋愛も思いのままになるでしょう。

 

こちらの記事では、以下の内容でお伝えしていきます。

  1. ビジネスにも活かせる「マインドフルネス」とは
  2. マインドフルネス人気のおすすめ本13選【CD付もあり】

 

書籍で勉強をするというのは、とても効果的な方法です。

あなたもマインドフルネスを勉強して、より高いスペックを発揮できるように、訓練を実践していきましょう。

 


宇宙はいつも、私たちにサインを送ってくれています。
そのサインを受け取り、意味を知ることで、あなたの人生は今よりもっと豊かになっていきます。

運命の出会いやご縁に恵まれたり
シンクロニシティが日常になったり
自分の本当にやるべきこと、使命に導かれたり
夢や目標が叶っていったり

人生が驚くほど良くなっていきます。

人生を変えるサインをもっと受け取りたい方
【人生を変えるエッセンス】LINEにぜひご登録ください。

毎回200名以上が参加の大人気企画
人生を変えるブロック解放LIVE
「無料招待クーポン」もプレゼント中!


この記事の監修者 心理セラピスト 西澤裕倖が
週間エコノミストにて
セラピスト、カウンセリングを扱う企業として唯一
「2024年を牽引する40人の経営者」に選出されました。

西澤裕倖についてもっと詳しく知る


目次

ビジネスにも活かせる「マインドフルネス」とは?

ビジネスにも活かせる「マインドフルネス」とは?

マインドフルネスとは、「いま・ここ」に集中し、観念に捉われず、あるがままを受け入れるという意味です。

要は、「自分の思い込みや価値観の影響を受けていない、純然たる事実をそのまま受け止める力である」ということですね。

 

参考に、wikipediaでは下記のように説明されています。

 

マインドフルネス(英: mindfulness)は、今現在において起こっている内面的な経験および外的な経験に注意を向ける心理的な過程である[1][2][3] 。瞑想およびその他の訓練を通じて開発することができる[2][4][5] 。
マインドフルネスの語義として、今この瞬間の自分の体験に注意を向けて、現実をあるがままに受け入れることである[6][7]とか、特別な形で、意図的に、評価や判断とは無縁に、注意を払うことである[8]といった説明がなされることもある。

(引用:wikipedia)

 

つまり、マインドフルネスの訓練をすることにより、物事を受け入れるさいの心理的障壁を取り払うことができるということですね。

 

たとえば、仕事で業務の改善点を思いついたとします。

しかし、「もし仮に使えない改善案だったら上司に怒られるかもしれない」と思ってしまうと、ついつい誰にも伝えずに黙ってしまいますよね。

これは「失敗したら上司が怒る」という固定観念、つまり心理的障壁が働いてしまっている状態です。

 

むしろ上司としては意見が欲しいかもしれないのに、「その意見が完璧でなければいけない」と勝手に思い込んでしまっているわけですね。

 

しかし、マインドフルネスの訓練で心理的障壁を取り払えれば、どんどん意見を言うことができるようになります。

仮に多少怒られても、個人の感情やストレスに振り回されなくなりますので、より素直に、100%の力を発揮できるようになるのです。

 

あなたもぜひ書籍で勉強し、マインドフルネスの訓練を実践してみてください。

メンタルブロックが外れますので、色々なことがうまく回り始めますよ。

 

 

マインドフルネス人気のおすすめ本13選【CD付もあり】

マインドフルネス人気のおすすめ本13選【CD付もあり】

マインドフルネスの本で人気があっておすすめなのは、下記の13冊です。

 

  1. 『サーチ・インサイド・ユアセルフ――仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法』
  2. 『実践! マインドフルネス―今この瞬間に気づき青空を感じるレッスン[注意訓練CD付]』
  3. 『4枚組のCDで実践する マインドフルネス瞑想ガイド』
  4. 『世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる』
  5. 『~1日10分で自分を浄化する方法~マインドフルネス瞑想入門』
  6. 『マインドフルネス瞑想の基本 DVD ブック』
  7. 『ストレスに負けない! 心のストレッチ はじめてのマインドフルネス』
  8. 『マインドフル・ワーク 「瞑想の脳科学」があなたの働き方を変える』
  9. 『始めよう。瞑想:15分でできるココロとアタマのストレッチ』
  10. 『スタンフォード大学 マインドフルネス教室』
  11. 『マンガでやさしくわかる認知行動療法』
  12. 『自分でできるマインドフルネス:安らぎへと導かれる8週間のプログラム』
  13. 『親と子どものためのマインドフルネス——1日3分!「くらべない子育て」でクリエイティブな脳とこころを育てる(気持ちがスーっと落ち着くマインドフルネス・エクササイズCD付)』

 

どれもamazonや楽天で購入することができますので、ぜひ手に取ってみてください。

一流企業の「デキる男」や「デキる女」も実践しているマインドフルネスで、あなたも「デキる人」になりましょう!

 

 

マインドフルネスおすすめ本1.『サーチ・インサイド・ユアセルフ――仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法』

『サーチ・インサイド・ユアセルフ』は、Google発のマインドフルネス実践プログラムが記載された本です。

 

サーチ・インサイド・ユアセルフ――仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法

【サーチ・インサイド・ユアセルフ――仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法】

チャディー・メン・タン (著)、ダニエル・ゴールマン(序文) (著)、一般社団法人マインドフルリーダーシップインスティテュート (監修)、柴田裕之 (翻訳)

 

この書籍は、実際にGoogleで行われているカリキュラムに沿った内容になっていますので、実績としては申し分ありません。

また、「なぜマインドフルネスが良いのか」について、科学的根拠も踏まえて説明されていますので、すんなりと吸収することができます。

マインドフルネスについて学びたいなら、ぜひ読んでおきたい一冊です。

 

 

マインドフルネスおすすめ本2.『実践! マインドフルネス―今この瞬間に気づき青空を感じるレッスン[注意訓練CD付]』

『実践! マインドフルネス―今この瞬間に気づき青空を感じるレッスン』は、最先端で活躍する、医師であり心理士である、熊野宏昭氏による書籍です。

分かりやすくて実践的な、マインドフルネスの入門書です。

 

実践! マインドフルネス―今この瞬間に気づき青空を感じるレッスン

【実践! マインドフルネス―今この瞬間に気づき青空を感じるレッスン】

熊野宏昭 (著)、富田望 (その他)、樋沼友子 (その他)、荒木美乃里 (その他)、黒田彩加 (その他)

 

本書では、マインドフルネスの定義や、実践方法を学ぶことができます。

とても分かりやすい上に内容も充実していますので、何度も読み直す人が多い本です。

マインドフルネスのバイブルとして、ぜひ手元に置いてください。

 

 

マインドフルネスおすすめ本3.『4枚組のCDで実践する マインドフルネス瞑想ガイド』

『4枚組のCDで実践する マインドフルネス瞑想ガイド』は、4枚のCDをメインとしたマインドフルネス瞑想のガイドブックです。

 

4枚組のCDで実践する マインドフルネス瞑想ガイド

【4枚組のCDで実践する マインドフルネス瞑想ガイド】

ジョン・カバットジン (著)、Jon Kabat‐Zinn (著、原著)、春木 豊 (翻訳)、菅村 玄二 (翻訳)

 

本書には4枚のCDが付属されており、通勤中に音楽プレイヤーで学ぶことができます。

音声ガイダンスに導かれながら、正確な手順でマインドフルネス瞑想を実践できるのが魅力です。

本を読むのが苦手、という人には、とくにおすすめできる内容ですね。

 

 

マインドフルネスおすすめ本4.『世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる』

『世界のエリートがやっている 最高の休息法』は、16万部の大ヒットを飛ばしたマインドフルネス瞑想の入門書です。

ベストセラー本だけあって、かなり参考にしやすい一冊ですね。

 

世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる

【世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる】

久賀谷 亮 (著)

 

慢性的な疲労感が抜けないのは、脳が何もしていない状態でも疲れるからだ、という脳科学に基づいて書かれた書籍です。

「脳の休め方」について詳しく、科学的に書かれていますので、「とれない疲労感をなんとかしたい!」という人にはとくにおすすめできます。

ストーリー仕立てになっていますので、理解しやすいのも嬉しいポイントです。

 

 

マインドフルネスおすすめ本5.『~1日10分で自分を浄化する方法~マインドフルネス瞑想入門』

『~1日10分で自分を浄化する方法~マインドフルネス瞑想入門』は、忙しい人が空いた時間でできる短い瞑想を説明してくれる書籍です。

1日10分とタイトルにはありますが、1日5分でも、1分でも効果はあるとのことで、まさに忙しい人の味方と呼べる一冊ですね。

 

~1日10分で自分を浄化する方法~マインドフルネス瞑想入門

【~1日10分で自分を浄化する方法~マインドフルネス瞑想入門】

吉田 昌生 (著)

 

本書は、1日数分、トイレや電車でも実践できるマインドフルネス瞑想を教えてくれる入門書です。

重要なのは、瞑想を日々の習慣にすることである、と説明しています。

日々が忙しく、なかなか物事を続けることができないという人は、ぜひ試してみてください。

 

 

マインドフルネスおすすめ本6.『マインドフルネス瞑想の基本 DVD ブック』

『マインドフルネス瞑想の基本 DVD ブック』には、東京マインドフルネスセンターのセンター長である長谷川洋介氏による、マインドフルネス瞑想法を収録したDVDが付いています。

ですので、とても簡単に、自宅にいながらマインドフルネス瞑想を行うことできるようになるのです。

 

マインドフルネス瞑想の基本 DVD ブック

【マインドフルネス瞑想の基本 DVD ブック】

長谷川洋介 (監修)

 

常に忙しく、すぐにトレンドが変わってしまう情報化社会において、自分を見失うことなく、ありのままで過ごすための方法が書かれています。

入門書の位置づけですので、とても分かりやすい内容です。

映像も併せて学びたいという人は、ぜひ手に取ってみてください。

 

 

マインドフルネスおすすめ本7.『ストレスに負けない! 心のストレッチ はじめてのマインドフルネス』

『ストレスに負けない! 心のストレッチ はじめてのマインドフルネス』は、マインドフルネス瞑想を中心に、ストレスと上手に向き合っていくための方法が書かれた書籍です。

 

ストレスに負けない! 心のストレッチ はじめてのマインドフルネス

【ストレスに負けない! 心のストレッチ はじめてのマインドフルネス】

熊野 宏昭 (その他)

 

イラストが多く、文字が少なめなのが特徴の書籍で、人によってはやや物足りなく感じるかもしれませんが、とても簡潔で分かりやすい本となっています。

初心者向けの本ですので、まだマインドフルネスについて何も知らないという人には、とくにおすすめできる一冊です。

本書を参考にして、ストレスとの上手な付き合い方を学んでみてください。

 

 

マインドフルネスおすすめ本8.『マインドフル・ワーク 「瞑想の脳科学」があなたの働き方を変える』

『マインドフル・ワーク 「瞑想の脳科学」があなたの働き方を変える』は、マインドフルネスが実社会でどれほど重要視されているかという、実態が詳しく書かれた書籍です。

 

マインドフル・ワーク 「瞑想の脳科学」があなたの働き方を変える

【マインドフル・ワーク 「瞑想の脳科学」があなたの働き方を変える】

デイヴィッド・ゲレス (著),‎ 岩下 慶一 (翻訳)

 

アメリカを中心にして、マインドフルネスの実態を学べる書籍です。

マインドフルネスの取り組み方というよりは、「マインドフルネスとはどういうもので、どういう問題点があるのか」を学べる本です。

マインドフルネス瞑想を実践したいという人にはあまり向きませんが、マインドフルネスの歴史や流れを知りたいという人にはぴったりの本になります。

 

 

マインドフルネスおすすめ本9.『始めよう。瞑想:15分でできるココロとアタマのストレッチ』

『始めよう。瞑想:15分でできるココロとアタマのストレッチ』は、瞑想を始めるさいにおすすめできる初心者向けの入門書になります。

マインドフルネス瞑想を始めたいのなら、マインドフルネスについて詳しく書かれた書籍と併せて読みたい一冊です。

 

始めよう。瞑想:15分でできるココロとアタマのストレッチ

【始めよう。瞑想:15分でできるココロとアタマのストレッチ】

宝彩 有菜 (著)

 

瞑想をやるなら、まず持っていて間違いのない一冊です。

初心者でも簡単に始められるように詳しく説明されています。

本書を使って、少しずつ瞑想に慣れていきましょう。

 

 

マインドフルネスおすすめ本10.『スタンフォード大学 マインドフルネス教室』

『スタンフォード大学 マインドフルネス教室』は、マインドフルネスの真髄についてまとめられた書籍です。

各章で実際にできるエクササイズも記載されてありますので、実践形式で学べます

 

スタンフォード大学 マインドフルネス教室

【スタンフォード大学 マインドフルネス教室】

スティーヴン・マーフィ重松 (著)、坂井 純子 (翻訳)

 

マインドフルネスの入門書というよりは、より深く知りたいという人向けの本ですね。

もしくは、自分の人生、仕事の意味、人間関係などに悩み、疑問を感じている人は、その答えを見つける助けになるでしょう。

ついつい周囲に流されがちな日本人と個人主義であるアメリカ人との考え方の違いなども知ることができるので、参考になる部分は多いです。

 

 

マインドフルネスおすすめ本11.『マンガでやさしくわかる認知行動療法 』

『マンガでやさしくわかる認知行動療法 』はその名の通り、認知行動療法について分かりやすく、マンガで解説した本になります。

直接マインドフルネスを学べる本ではありませんが、私たちが無意識に作り上げている考え方のクセや行動のクセについて取り上げられていますので、マインドフルネスとは密接な関係にあります。

 

マンガでやさしくわかる認知行動療法

【マンガでやさしくわかる認知行動療法】

玉井 仁 (著)、星井 博文 (その他)、深森 あき (その他)

 

マインドフルネスを実践する上で、考え方のクセを変えることはとても重要です。

物事をありのままに受け入れられないのは、自身の中にある観念(固定観念による考え方のクセ)が原因だからです。

本書を参考にして、悪い考え方のクセを治していきましょう。

 

 

マインドフルネスおすすめ本12.『自分でできるマインドフルネス:安らぎへと導かれる8週間のプログラム』

『自分でできるマインドフルネス:安らぎへと導かれる8週間のプログラム』は付属のCDを使い、自分で8週間のプログラムに取り組める書籍になっています。

内容も無理がありませんので、淡々と続けることができるでしょう。

 

自分でできるマインドフルネス

【自分でできるマインドフルネス:安らぎへと導かれる8週間のプログラム】

マーク・ウィリアムズ (著)、ダニー・ペンマン (著)、佐渡 充洋 (監修、翻訳)、大野 裕 (監修、翻訳)

 

付属CDの音声ガイダンスに従い、8週間の瞑想エクササイズを行うことができます。

自分自身で行える、実践的な書籍ですね。

翻訳本ですが、よく翻訳されていますので、問題なく実践することができますよ。

 

ただ、付属のCDはあくまでも音声ガイダンスで、癒しの要素はありません。

ですので、癒しの音声が欲しい人には向かないでしょう。

 

 

マインドフルネスおすすめ本13.『親と子どものためのマインドフルネス——1日3分!「くらべない子育て」でクリエイティブな脳とこころを育てる(気持ちがスーっと落ち着くマインドフルネス・エクササイズCD付)』

『親と子どものためのマインドフルネス』は、子育てに焦点を合わせたマインドフルネス本になります。

 

親と子どものためのマインドフルネス

【親と子どものためのマインドフルネス——1日3分!「くらべない子育て」でクリエイティブな脳とこころを育てる(気持ちがスーっと落ち着くマインドフルネス・エクササイズCD付)】

エリーン・スネル (著)、ジョン・カバットジン (その他)、出村佳子 (翻訳)

 

ビジネスに関する知識として紹介されることの多いマインドフルネスですが、子育てにも効果があります

本書でマインドフルネスのエクササイズを行うのは、子育てに携わる大人です。

本書を使い、マインドフルネスの知識をうまく子育てに活用できるようになりましょう。

 

 

 

【まとめ】マインドフルネスに興味があるなら絶対読んでおきたい記事

【まとめ】マインドフルネスに興味があるなら絶対読んでおきたい記事

今回は、マインドフルネスを開発したい方におすすめの13冊を紹介しました。

下記を読んで、真実をありのままに受け入れられる「デキる人」になりましょう。

 

  1. 『サーチ・インサイド・ユアセルフ――仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法』
  2. 『実践! マインドフルネス―今この瞬間に気づき青空を感じるレッスン[注意訓練CD付]』
  3. 『4枚組のCDで実践する マインドフルネス瞑想ガイド』
  4. 『世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる』
  5. 『~1日10分で自分を浄化する方法~マインドフルネス瞑想入門』
  6. 『マインドフルネス瞑想の基本 DVD ブック』
  7. 『ストレスに負けない! 心のストレッチ はじめてのマインドフルネス』
  8. 『マインドフル・ワーク 「瞑想の脳科学」があなたの働き方を変える』
  9. 『始めよう。瞑想:15分でできるココロとアタマのストレッチ』
  10. 『スタンフォード大学 マインドフルネス教室』
  11. 『マンガでやさしくわかる認知行動療法』
  12. 『自分でできるマインドフルネス:安らぎへと導かれる8週間のプログラム』
  13. 『親と子どものためのマインドフルネス——1日3分!「くらべない子育て」でクリエイティブな脳とこころを育てる(気持ちがスーっと落ち着くマインドフルネス・エクササイズCD付)』

 

また、マインドフルネスの勉強がしたいなら、下記、未知リッチのまとめ記事を読むのもおすすめです。

当たり前ですが、無料で今すぐ読めますので、まずはこちらを読み込んでみてください。

マインドフルネス瞑想の簡単なやり方についても解説していますので、下記の記事を読み込むだけでも、マインドフルネスを開発することができますよ。

⇒【決定版】マインドフルネス瞑想入門!瞑想のやり方を簡単に解説

⇒マインドフルネスとは?簡単なやり方や効果を初心者向けに徹底解説!

 

マインドフルネスが開発されれば、下記のようなメリットが生まれます。

 

  • コミュニケーション能力の向上
  • ストレス耐性の強化
  • 仕事の効率化
  • 集中力の向上
  • 自信の獲得

 

仕事や子育てに役立てることができますので、ぜひ学んでみてください。

あなたがありのままを受け入れられる「デキる人」になれれば、周囲の環境が劇的に変わることも珍しくありませんよ。

 

また、マインドフルネス瞑想をやっているのに、どうしても効果がでない、という人は、カウンセリングを試してみるのもおすすめです。

マインドフルネス瞑想で効果がでない人は、相当強いメンタルブロックがかかっている可能性があります。

そのメンタルブロックを外すのに有効なのが、カウンセリングなのです。

 

ちなみにメンタルブロックとは、簡単にいうと「強い固定観念、思い込み」のことです。

 

たとえば、あなたが「仕事ができる人間」になりたくてマインドフルネス瞑想に取り組むとします。

しかし、あなたの中で「自分は仕事ができない人間だ」という思い込みがとても強い場合、いくらマインドフルネス瞑想を頑張っても、この思い込みを外すことは難しいのです。

 

もちろん、この思い込みを外さなければあなた本来のポテンシャルが引き出せず、「仕事ができる人間」に近づくことはできません。

このような、「簡単には変えられない強い思い込み」、つまりメンタルブロックを外すために有効なのが、カウンセリングという手段なのです。

 

そして、当サイトで推奨している西澤さんは、今までに3000人以上のメンタルブロックを外してきたプロ中のプロです。

どうしてもマインドフルネスの開発がうまくいかないようなら、西澤さんのカウンセリングは試してみる価値がありますよ。

現在、未知リッチでは、「潜在意識で人生を書き換えるメール講座」という無料メルマガを配信しています。

こちらの方で、西澤さんのカウンセリングをお得に受けられる案内もしていますので、ぜひチェックしてみてください。

⇒3000人の人生相談から導き出した!願った通りの使命を引き寄せるたった1つの方法とは?

 

マインドフルネスは、訓練次第で伸ばすことのできる部分です。

しっかり勉強して、他の人より一歩先を行っちゃいましょう!

 

 

 

この記事の監修者

西澤さんプロフィール西澤裕倖
潜在意識に存在する【メンタルブロックを取り除くこと】を専門とする心理セラピスト。自身で発見した心のブロックの外し方を体系化して伝えている…プロフィール詳細はこちら

Facebook / Instagram / LINE / Youtube / Wikipedia

 

コメント

コメントする

目次