優しすぎる人の8つの特徴と原因!優しすぎる性格を直す意外な方法とは?

胸に両手を重ねている女性

自分では自覚がないのに「優しすぎる」「いい子すぎる」と言われた経験はありませんか?

いつも相手の気持ちを考えすぎてしまったり、頼まれたことを断ることができなかったり、自分の本音を言えなかったり、「優しすぎる」と言われてしまう人には特徴があります。

 

優しすぎる性格がゆえに、彼氏や彼女からふられてしまったり、八方美人だと非難されてしまったりして、「優しすぎるって悪いことなのかな?」と悲しくなってしまいますよね。

 

今回は、優しすぎる人とはどういうことなのか、

の4つについて解説します。

 

最後までお付き合いいただくことで、優しすぎる性格になってしまう原因を知ることができ、「優しすぎる」と言われてしまう性格を変えることができますよ。

 


宇宙はいつも、私たちにサインを送ってくれています。
そのサインを受け取り、意味を知ることで、あなたの人生は今よりもっと豊かになっていきます。

運命の出会いやご縁に恵まれたり
シンクロニシティが日常になったり
自分の本当にやるべきこと、使命に導かれたり
夢や目標が叶っていったり

人生が驚くほど良くなっていきます。

人生を変えるサインをもっと受け取りたい方
【人生を変えるエッセンス】LINEにぜひご登録ください。

毎回200名以上が参加の大人気企画
人生を変えるブロック解放LIVE
「無料招待クーポン」もプレゼント中!


この記事の監修者 心理セラピスト 西澤裕倖が
週間エコノミストにて
セラピスト、カウンセリングを扱う企業として唯一
「2024年を牽引する40人の経営者」に選出されました。

西澤裕倖についてもっと詳しく知る


目次

優しすぎる人の8つの特徴!あなたはいくつ当てはまる?

まずは、優しすぎる人の8つの特徴について解説していきます。

ハートを受け渡している手

優しすぎる人は基本的に、

  1. 常に相手のことを気遣っている
  2. 相手の意見を尊重しすぎて流されてしまう
  3. 人に頼ることができない
  4. 自分の本音を言えない
  5. 頼まれたことを断れない
  6. 当たり障りのない意見しか言えない
  7. 恋人に尽くしすぎてしまう
  8. いつも相手の顔色を伺っている

など、自分より相手のことを考えてしまう傾向が強いです。

これは別に悪いことではありませんよね。しかし、優しさは度が過ぎると問題です。

相手のことを考えるがゆえに遠慮がちになってしまっていることはありませんか?

 

優しすぎる人の特徴について具体的に解説していきますので、あなた自身に当てはまる部分がいくつあるか、確認してみましょう。

 

特徴1.常に相手のことを気遣っている

優しすぎる人は、常に相手のことを気遣っています。

「相手はどんな気持ちだろう?」「相手はどんな状況だろう?」と相手のことを先回りして考えてしまうんですね。

気を遣うことや気を配ることは決して悪いことではありませんし、そういう存在はとても有難いものです。

しかし、その気遣いが行きすぎて、時に「お節介」と思われてしまうことも……。

 

例えば、飲み会などの席で場に馴染めていない人がいると、気になってしょうがなくなりませんか?

皆と同じように楽しませてあげなきゃいけない、一緒に輪に入れてあげなきゃいけないと、気が気ではありません。

でも、実はその相手はしっぽりと飲みたいだけで、あなたが相手を気遣ってしたことによって、相手が求めていた時間を壊してしまうことになります。

 

また、誰かを気遣うことを意識しすぎている時間は、あなた自身が楽しめていない場合も多く、とても疲れてしまいませんか?

相手を思って気遣いや気配りをした結果、迷惑がられて自分自身も疲れてしまう……そんなことが続けば、自分の性格を嫌になってしまいますよね。

 

特徴2.相手の意見を尊重しすぎて流されてしまう

優しすぎる人は、相手の意見を尊重しすぎて流されてしまうことが多々あります。

相手の意見と対立したくない、相手の意見を批判したくないという気持ちが強いのです。

 

相手にとっては、いつも自分の意見を尊重してくれる人がそばにいてくれるのはとても有難いこと。

しかし、そればかりでは「この人は本当はどう思っているのか?」「何を考えているのかわからない」と思われてしまうこともあります。

 

急に相手に意見を求められると、どうしていいのかわからなくなってしまう……という方は要注意。

自分の意見を言わないことに慣れてしまうと、あなた自身が自分で考える習慣がなくなってしまいます。

 

特徴3.人に頼ることができない

優しすぎる人は、相手を気遣いすぎて、人に頼ることができません。

「人に迷惑をかけてはいけない」という思いが強いんですね。

人を頼ることがすべて、相手に迷惑をかけるわけではありません。

 

しかし、なぜ「迷惑をかけてしまう」と考えてしまうのかというと……

自分自身も頼られすぎて、疲れてしまっているからなんですよね。

 

でも、人に頼れない、甘えられない状況は、時にとても辛いものです。

一人でやるよりも、人と一緒にやった方が早く片付くなんてことはいくらでもあります。

 

特徴4.自分の本音を言えない

優しすぎる人は、自分の本音を話すことで、「自分の事情に相手を巻き込んでしまいたくない」と考えてしまうため、自分の本音を言えないことが多いでしょう。

 

しかし、優しすぎる性格がゆえに、人の相談に乗る機会はとても多くありませんか?

そのことによって、頭を抱えてしまったり、悩んでしまうことも少なくないのです。

 

自分の本音を言えないということは、相手に心を開かないことでもあります。

その結果、「自分を信頼してもらえていない」と感じてしまう人もいるかもしれません。

 

特徴5.頼まれたことを断れない

優しすぎる人に多い特徴が、頼まれたことを断れないということです。

無理なお願いややりたくないことも断れないため、頼まれごとによるストレスを溜めてしまいがち。

時には勇気を出して断ることもありますが、相手を気遣った言葉を選びすぎて、断っていることが伝わらない……ということも。

 

中には、あなたが断らないことを見越して利用してくる人もいるため、注意が必要です。

 

特徴6.当たり障りのない意見しか言えない

優しすぎる人は、自分の本音を言わないため、当たり障りのない意見しか言えないことが多いでしょう。

意見をするということは、時に人を傷つけてしまったり、誰かの意見を批判してしまうことに繋がります。

 

しかし、人間関係には意見交換が必要な場面も多々ありますよね。

当たり障りのない意見ばかりしか言わないことで、「つまらない人」「自分がない」と思われてしまうことも……。

 

特徴7.恋人に尽くしすぎてしまう

優しすぎる人の恋愛傾向に多いのが、恋人に対して尽くしすぎてしまうということです。

気遣いや気配りが行き過ぎ、「お母さんみたい」と言われてしまったことはありませんか?

 

相手がいい気分でいられるように配慮することは、とてもいいことのように思えますが、何事もやりすぎは禁物です。

恋人に対して尽くしすぎてしまうと、相手はそれが当然のようになり、結果的に自分自身も疲れてしまうことに繋がります。

 

特徴8.いつも相手の顔色を伺っている

相手の顔色を伺うとは、相手が何を考えているのか? 自分に対して何を思っているのか? を気にしている状態のことを言います。

優しすぎる人は、相手の気持ちの動きや行動に敏感なため、いつも相手の顔色を伺ってしまいます。

相手の顔色を伺いすぎて、「挙動不審」や「機嫌ばかり取っている」と思われてしまうことも……。

 

仕事やビジネスなど、社会的な人間関係上ではどうしても上下関係があるため、相手の顔色を見て判断することも時に必要です。

しかし、友人や家族などの身近な人間関係で顔色を伺いすぎることで、敏感な性格だと誤解されて距離を置かれてしまうこともあります。

 

優しすぎると言われてしまう原因

ここからは、優しすぎると言われてしまう原因について解説していきます。

優しすぎる人の特徴に思い当たる部分はいくつありましたか?

優しすぎる人は、気遣いや気配りが行き過ぎてしまっていることがわかると思います。

湖の辺りに座る二人の女性

優しすぎると言われてしまう原因は

  1. 過去に性格を否定されたトラウマがある
  2. 人には優しくしなくちゃいけないという思いが強い
  3. 周りの人に迷惑をかけたくない
  4. 自己肯定感が低く、嫌われたくない
  5. 余計なトラブルを起こしたくない
  6. 自分の思い通りに物事を進めたい

などの自己防衛による心理がとても強いのです。

 

原因をひとつずつ解説しますので、思い当たる節がないか確認していきましょう。

 

原因1.過去に性格を否定されたトラウマがある

相手に対して優しすぎる人は、自分自身を否定されたくないという深層心理が働いていることが多いです。

過去に、自分の性格や行動、言動を否定されたトラウマはありませんか?

 

例えば、身近な人から「迷惑だ」と言われたり、性格について「悪い」「ダメ」と言ったことを言われ続けた経験があると、自分の本心を明かすことが怖くなります。

ありのままの自分でいることを否定されると、とても傷ついてしまいますよね。

 

必要以上に相手の顔色を伺ったり、相手の機嫌を取ってしまうのは、傷ついたトラウマが原因かもしれません。

 

原因2.人には優しくしなくちゃいけないという思いが強い

人は、成長の過程で言われ続けた言葉が潜在意識に書き込まれてしまうことはよくあります。

幼い頃から「優しくしなさい」「優しい人になろう」と言われ続けてきたのであれば、人には優しくしなくちゃいけないという思いが強くなります。

 

これは、特別悪いことではありませんし、誰にでも「人に優しくありたい」という感情はあるもの。

しかし、常に相手を気遣うことばかりを優先させるのは、行き過ぎた優しさになってしまうこともありますよね。

 

また、その背景には「優しくしていないとダメな人間なんだ」と思い込んでしまっていて、「ダメな人間になりたくない」といった自己防衛が働いている場合もあります。

 

原因3.周りの人に迷惑をかけたくない

優しすぎる人の深層心理には「周りの人に迷惑をかけたくない」という思いが付いて回っています。

人を頼ることができなかったり、頼まれごとを断れないのは、迷惑をかけてしまうのが怖いからです。

迷惑をかけてしまうことをとても悪いことだと思い込んでしまっている傾向にあります。

 

しかし、よく言われることですが、誰にも迷惑をかけずに生きている人はいません。

必要以上に相手の感情に敏感になってしまうのは、自分にネガティブな感情を抱かれたくないからとも言えます。

 

原因4.自己肯定感が低く、嫌われたくない

自己肯定感が低い人は、基本的に「自分がどう思われるか?」ということを判断基準にしているため、相手の顔色ばかり伺ってしまいます。

その背景には「嫌われたくない」という深層心理が働いています。

 

自己肯定感が高い人は、自分の良いところも悪いところも含めて自分自身を受け入れることが出来ますが、自己肯定感が低い人は、ダメなところを受け入れられず、自分でも自分を嫌いになることも……。

また、「自分がどう思うか?」ということを考えるのが苦手なので、自分の考えに自信がなく、例え間違った意見だとしても大多数の意見に流される傾向にあります。

 

原因5.余計なトラブルを起こしたくない

常に相手のことを気遣ったり、相手の意見を尊重しすぎたりするのは、「余計なトラブルに巻き込まれたくない」「トラブルを起こしたくない」という心理が働いています。

相手の気持ちを優先させることで、余計なトラブルは起こりにくいですよね。

 

また、意見が衝突することで、相手から否定的なことを言われることになり、嫌われてしまうかもしれないという感情も出てきます。

もちろん、多くの人がトラブルは回避したいものですが、「トラブルが起きる時は起きる」と楽観的に考えている人も少なくないものですよ。

 

原因6.自分の思い通りに物事を進めたい

優しすぎる人の全員に当てはまるわけではありませんが、中には自分の思い通りに物事を進めたいがために、優しさという恩を売っている人もいるでしょう。

多くの人は、自分に対して優しくしてくれる人を雑に扱うことが出来ません。

 

優しくしてくれる人の頼みなら、少し無理をしてでも受け入れてしまいますよね。

必要以上に優しくされると、どこか後ろめたさまで感じてしまい、その人を無下に出来ないのです。

そう言った心理を利用して、自分の思い通りに物事を進めようとする人もいます。

 

優しすぎる人の仕事や恋愛での人間関係

ここからは、優しすぎる人を取り巻く仕事や恋愛での人間関係について解説します。

仕事や恋愛、友人関係で、優しすぎる性格について、指摘された経験はありませんか?

顔の前で手を交差している女性

優しすぎる人は常に相手を気遣っているので、気遣われている相手は次第に、その気遣いを鬱陶しく感じてしまうこともあります。

 

実際にあなたの周りにある

  • 同僚や上司など仕事関係
  • 彼氏や彼女などの恋愛関係
  • プライベートな友人関係

など、自分の周りの人たちは、優しすぎる人のことをどう思っているのか? 気になりますよね。

優しすぎる性格は、人間関係にもとても影響するので、自分の周りを思い起こしながら読み進めてください。

 

同僚や上司など仕事関係

優しすぎる人は、同僚や上司などに「頼り甲斐がある存在」だと思われていることが多いでしょう。

優しすぎる人は空気を読むことに長けているので、誰かのミスをフォローしたり、ピリついた空気を柔らかくしてくれたり、職場では有難い存在ではないでしょうか。

また、飲み会の幹事やイベント毎の雑務や急ぎの仕事を任されることも多いかもしれません。

 

頼んだら確実に仕事をしてくれますし、断ることもほとんどありませんよね。

一方で、たくさんのタスクを抱え込みすぎる傾向にあるため、「仕事が遅い」「要領が悪い」と思われていることもあります。

 

彼氏や彼女など恋愛関係

優しすぎる人は、自分の大切な人に対して、その気遣いや気配りが過剰になってしまう傾向にあります。

必要以上に相手の世話を焼いてしまったり、相手のスケジュールに合わせすぎたり、相手の顔色を伺ってしまいませんか?

 

恋愛において、「優しい性格の人が良い」と相手を選ぶ人が多いのに、実は優しすぎる人はモテません。

人は、深い関係にある人とは「何でも言い合える仲になりたい」「心を開いてほしい」と思うものです。

しかし、優しすぎる人は相手ばかりを気遣ってしまい、本音を言わないため、相手は「信頼関係が築けない」「つまらない」と感じてしまいます。

 

プライベートな友人関係

優しすぎる人は、身近な友人の間では相談役や聞き役になることが多いのではないでしょうか。

否定的なことを言ったり、強い言葉で返すことが少ないため、相手はとても相談しやすいのですね。

 

しかし、自分自身はどうでしょうか?

深く悩んでしまっても、誰かに相談することは少なくありませんか?

その結果、本音を話せたり、ありのままの自分でいられたり、心から友達と呼べる人はとても限られてしまいます。

 

また、無理なお願いをされたり、どう考えても損な立ち回りになったりすることも少なくありません。

 

優しすぎる性格を直す5つの方法を解説します

最後に、優しすぎる性格を直す5つの方法を解説します。

優しすぎる人の特徴や原因、人間関係についてわかってくると「優しすぎる性格って損な役回りなんじゃないか?」と感じる人も少なくないはず。

女性の手に持たれた小さなハート

 

相手を気遣ったり、相手を尊重したり、それ自体は良いことなのに……

「八方美人」や「本心がわからない」など、思いがけないネガティブな印象を与えてしまうこともあります。

 

優しすぎる性格は直すには、

  1. 自分を大切にすることを意識する
  2. ありのままの自分を受け入れる
  3. 自分軸を持つ
  4. 他人を頼る
  5. 優しさだけが全てではないことを知る

この5つが大切です。

 

優しすぎる人が見ると「意外だな」と思われるような方法かもしれませんね。

もちろん、いきなりすべてを変えていくことは難しいと思いますので、この5つの方法を少しずつ意識していくことから始めてみてください。

 

方法1.自分を大切にすることを意識する

優しすぎる人は、基本的に自分より相手に対する比重が大きいので、まずは自分を大切にすることを意識するようにしてみましょう。

相手の顔色やご機嫌ばかりを伺ってばかりでは、自分が本当にやりたいことや生きたい人生を歩むことはできません。

また、自分自身を大切にできない人は、最終的には誰かを大切にすることもできないのです。

 

あなたはたくさんの優しさを持っている人ですから、その優しさを少し、自分に分けてあげれば良いだけ。

しかし、そう言われても「自分を優先することで、誰かを犠牲にしてしまうかもしれない」と考えてしまうかもしれませんね。

 

優しすぎる人は、潜在意識に「自分より相手に優しくしなくちゃいけない」という思いが強くあります。

自分自身に優しくできない場合は、まずはその潜在意識を変えることから始めてみましょう。

でも、「潜在意識ってどうやって変えるの?」と疑問に思いますよね。

 

そこでおすすめなのが、未知リッチで現在無料配信中の「潜在意識で人生を書き換えるメール講座」です。

このメルマガは、潜在意識のプロである心理セラピストの西澤さんが執筆しています。

人生をより良くすることを目的に、実践的な方法や考え方をご紹介しているので、優しすぎる性格がゆえに損をしてしまう生き方をやめたいと思っている人にもおすすめです。

 

もちろん無料で読めるので、自分自身と向き合うきっかけに、潜在意識について学んでみてくださいね。

⇒3000人の人生相談から導き出した!願った通りの使命を引き寄せるたった1つの方法とは?

 

方法2.ありのままの自分を受け入れる

優しすぎる人は、「嫌われたくない」「否定されたくない」という気持ちが強い人が多いですよね。

しかし、良いところばかりの人なんて、そうそういません。

人は、良いところもあり、悪いところもあり、そのすべてが一つとなって「自分自身」なのです。

 

まずは、全ての人に好かれようとすることをやめましょう。

万人に好かれるより、あなたがあなたでいられることの方が何よりも大切です。

 

ありのままの自分でいられるようになると、物事もポジティブに捉えられますし、人間関係も良くなることが多いのですよ。

ありのままの自分を認めるための方法については、下記の記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

⇒ありのままの自分でいたい!自分を認めるための5つの方法

 

方法3.自分軸を持つ

優しすぎる人は、相手の意見を尊重しすぎて流されてしまったり、自分の本音を言えなかったり、周りに振り回されてしまうことが多くあります。

その傾向を「他人軸で生きている」と言い、いつも相手がどう思っているのかで自分を判断してしまいがち。

でも、それでは自分の思う通りに生きることができないので、ストレスが溜まりやすく、生きづらさを感じてしまうことにもなります。

 

自分軸で生きることができると、自分がどう思うかを大切にできるようになるため、相手に意見されることが怖くなくなり、相手に対して本当の意味での「優しさ」を持つことができますよ。

自分軸の見つけ方については、下記で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

⇒【決定版】3つの自分軸の見つけ方!自分探しの旅に終止符を。

 

方法4.他人を頼る

優しすぎる性格を直すには、まずは他人を頼ってみましょう。

頼られることが多いと、頼ることに対して「相手を困らせてしまうかもしれない」と、罪悪感を覚えてしまいますよね。

しかし、誰にも頼れない、甘えられないという状況は、精神衛生上にも良くありません。

 

他人を頼るということは、相手を信頼しているということにも繋がります。

人と深い信頼関係を築くには、相手を頼ることも必要なのです。

 

方法5.優しさだけが全てではないことを知る

優しすぎる人は、「優しさ」を少し誤解してしまっているかもしれません。

ここまで読んでいただくとわかると思いますが、「優しい」と「優しすぎる」は異なります。

 

相手を気遣ったり、気配りすることはとても大切なこと。

だけど、その優しさだけが全てではありません。

相手を思って、間違っていることを指摘したり、時には意見することも優しさです。

何でもかんでも優しく受け入れてくれる人が、真の優しい人ではないのです。

 

【まとめ】優しすぎると言われないために、自分を大切にしよう

優しすぎる人は、相手を気遣うあまり、自分自身を大切にできていない人が多いです。

「人に優しくいたい」という考えは、人間的にはとても素敵なことです。

しかし、自分自身の人生を生きるには、時に「人は人、自分は自分」という考え方も必要なのですよ。

 

また、相手に合わせるばかりの日々では、心がとても疲れてしまいます。

自分自身と向き合う時間を作り、自分を大切にすることを意識しましょう。

 

「自分に優しく!」と意識しても、最初はどうしても相手を優先させてしまうことも多いかもしれません。

あなたの潜在意識にある「自分よりも相手に優しくしなければ」というブロックが邪魔をしています。

 

本文中でご紹介した、未知リッチの無料メルマガ「潜在意識で人生を書き換えるメール講座」では、潜在意識にあるブロックを取り除くための方法についても学ぶことができます。

潜在意識を書き換えることで、ありのままの自分を受け入れ、自分に優しくできるようになりますよ。

 

ぜひ、この機会に「優しすぎる」潜在意識のブロックを取り除きましょう。

全て無料で読めますので、安心して登録してくださいね。

⇒3000人の人生相談から導き出した!願った通りの使命を引き寄せるたった1つの方法とは?

 

「優しすぎる」と言われてしまう性格から、「強さがある優しい人」になれるよう、ぜひ参考にしてください。

 

 

この記事の監修者

西澤さんプロフィール西澤裕倖
潜在意識に存在する【メンタルブロックを取り除くこと】を専門とする心理セラピスト。自身で発見した心のブロックの外し方を体系化して伝えている…プロフィール詳細はこちら

Facebook / Instagram / LINE / Youtube / Wikipedia

 

コメント

コメントする

目次