エンジェルナンバー「112」の意味は?恋愛運金運メッセージも解説

ふとしたときに気になったり、短期間に何度も目に留まる数字があるなら、それは単なる偶然ではないでしょう。

天使からのメッセージ「エンジェルナンバー」であり、あなたと関わりの深い数字だといえます。

この記事では、エンジェルナンバー「112」に込められた意味を解説していきます。


今あなたの目の前に来ている様々なサインを、もっとあなたの人生に活かしていきませんか?

・最近シンクロニシティがよく起こる
・繰り返し目にする数字や言葉がある
・最近、人生の流れが変わった気がする
・スピリチュアルなことに興味を持ち始めた

など、人は日常の小さなところで、人生の大切なサインを受け取っています。

これらのサインの答えや、人生への活かし方は
あなたの潜在意識が知っています。

シンクロニシティを日常にし
もっと人生を豊かにしていく方法を

読者1万人以上
【潜在意識で人生を書き換える】
37日間の無料メール講座
でお伝えしています。

大手書店3店舗 週間ランキング1位
京都新聞掲載
アマゾン評価★4.0
 の大好評書籍
『凡人がお金持ちになるための10の秘密』
1章85ページ分も合わせてプレゼント中


ぜひ、あなたの人生をより豊かなものにして下さい。


目次

1.エンジェルナンバー「112」の意味とメッセージ

明るい未来を信じて、前向きな気持ちでいれば、理想が現実になるでしょう。

願いは、ききいれられたようです。それなのにあなたの心には、マイナスな思いが浮かんでいないでしょうか。

波動が低くなっているようです。

 

今は、大いなる宇宙の力があなたをサポートしているので、望みが叶いやすくなっているときです。

 

もし願いが叶わないのなら、良い未来が訪れると信じることができないせいでしょう。

不安を手放して、ポジティブな気持ちを保ってください。

後悔やトラウマ、辛い人間関係等、あなたの幸せに必要のないものからは、離れて良いのです。

どのような現実が創られていくのかは、感情により決まることを知ってください。

 

天使は、今までのやり方に囚われず、新しいことを始めるように伝えています。

興味があることや、インスピレーションを感じることに挑戦すると、良い結果が出るでしょう。

全て上手くいくのだと、楽に考えて、天に身を委ねてください。

 

2.エンジェルナンバー「112」の恋愛運とツインレイについて

相手との幸せな未来をイメージして、理想の現実を引き寄せましょう。

自分磨きに力を入れてください。

 

2-1.エンジェルナンバー「112」の恋愛運について

恋をしたり、以前からの想いが大きくなったりするでしょう。

相手との関係について迷っている人は、気持ちが固まり、決断できるかもしれません。

勇気を出して、行動してください。

 

あなたの恋愛は望む通りになるのだと信じて、良いイメージを思い描いてください。
今の状況に関わらず、ポジティブな未来に意識を向けると良いでしょう。

 

片思いについて

大好きな人に出会えたことで、あなた自身が成長していっています。

毎日が楽しくて、良いエネルギーを放っているのでしょう。

自分を磨くことに力を入れると、内面から輝いていきます。

これからも、努力を続けてください。

復縁について

相手の態度に揺らぐことなく、好きな気持ちを伝えましょう。

前向きな反応がなかったとしても、諦める必要はありません。

まっすぐな気持ちが、相手の心を動かします。

 

2-2.エンジェルナンバー「112」のツインレイについて

ツインレイとは、1つの魂が生まれ変わるときに2つに分かれて誕生した存在です。

それぞれの使命を成し遂げて、次のステージへ進みましょう。

精神的に成長した2人は出会いを果たして、絆を深めていきます。

 

ツインレイに出会っていない人

自分を成長させて、新しい段階へ進みましょう。

ツインレイに会えなくて悩むのなら、不要なものを手放して、身の周りも頭の中もすっきりとさせましょう。

空いたスペースには、必要なチャンスが訪れます。

望む未来に向かって進むあなたを、ツインレイは待っていてくれるでしょう。

ツインレイに出会っている人

前向きな気持ちを保って、良い関係をつくりあげましょう。

相手との関わり方に、悩むことがあるかもしれません。

あなたが自信を無くしていることが、相手に伝わっているようです。

 

ツインレイの2人は、強い絆で結ばれているということを信じてください。

 

不安がよぎっても囚われることなく、楽観的な気持ちで乗り越えましょう。

ポジティブなエネルギーを放つことで、関係は好転していきます。

 

3.エンジェルナンバー「112」の金運について

収支を把握することが大切です。

衝動買いに気を付けることで、浪費をなくしていってください。

 

目標を持って、楽しく管理できると良いでしょう。

ポジティブな気持ちでいることで、金運は上昇していきます。

 

4.エンジェルナンバー「112」の仕事について

能力が高まっているので、仕事で良いパフォーマンスができるでしょう。

自分の考えをしっかりと持ちながらも、周りの人との関係を大切にしてください。

誠実な態度でいることで、良い結果が得られます。

天使がサポートしているので、困難があっても乗り越えられるでしょう。

 

5.「112」の数字の意味

「112」という数字は2つの「1」と「2」の波動を併せ持ち、同時にマスターナンバー「11」の要素を含み、次のような意味を示します。

 

ポジティブなエネルギーを、世界へ発信してください。

前向きな気持ちで進んでいくことが大切です。

能力を、自分自身や人々に貢献するために使いましょう。

 

再挑戦の機会が与えられています。

過去に成し遂げられなかったことに、取り組んでみると良いでしょう。

 

5-1.「1」の意味

 

「1」には、次のような意味があります。

 

  • 誠実
  • 勇気
  • 成長
  • 新しさ
  • 自己発展
  • 自分に対する自信
  • インスピレーション
  • 自分を知ること、真実を知ること

 

ネガティブなことに意識を向けず、本当の望みに集中してください。

感じていることが現実を創っていくので、望む状態を明確にしてイメージしましょう。

前向きな気持ちで理想に向かって進んでいけば、天が力を与えてくれます。

 

5-2.「2」の意味

「2」には、次のような意味があります。

 

  • 感情
  • 親切
  • 外交
  • 熟考
  • 奉仕
  • 関係性
  • 協調性
  • バランス
  • 魂の使命
  • チームプレイ

 

願いについて答えが現れるので、大いなる宇宙の力を信じてください。

困難があっても、必要なことだと前向きに捉えましょう。

全ての願いは、あなたにとって良いタイミングで叶います。

 

周りと調和できる能力に、自信を持ってください。

 

あなたはバランス感覚もよく、円滑な人間関係を築いていけるので、その力で社会に貢献すると良いでしょう。

人のために行動することで、自分にとって大切なことが見つかります。

 

5-3.「4」の意味

「数秘術」という、数字で運勢を占う占術で、数字の意味を読みます。

数秘術では、数をシンプルに還元します。

「112」は1+1+2=4、つまり「4」の性質を持つのです。

 

「4」には、次のような意味があります。

 

  • 安定
  • 決心
  • 能力
  • 信念
  • 実利主義
  • 奉仕を通じての自己訓練
  • 物質と精神世界のバランス

 

思っていることが現実になるので、前向きな心を保ってください。

目標を達成するために、天使がパワーを贈っていますよ。

あなたは、どんなことも成し遂げられる能力を持っています。

 

5-4.「11」の意味

 

「11」はマスターナンバーといわれる、強い力を持った特別な数字であり、次のような意味を持ちます。

 

  • 直感
  • 強さ
  • 洞察力

 

自分の魂の使命を知るために、宇宙と繋がっていることを示します。

 

エンジェルナンバー「112」は、明るい未来を信じて、前向きな気持ちでいれば理想が現実化するというメッセージを伝えています。

 

不安があっても囚われすぎることなく、ポジティブに勇気を持って進んでいくことで、望む未来を引き寄せるでしょう。

失敗しても、そこから学ぶ気持ちでいられると良いですね。

 

古い考え方を手放して、新しいことに挑戦するように示されています。

「努力しないといけない」「我慢は必要」等と決めつけて、自分を苦しめることのないようにしてください。

いつも楽しくいられるような習慣を、取り入れてみましょう。

 

願いを放ち、宇宙の力を信じて、明るい気持ちで過ごしていれば、想いは聞き入れられます。

前向きな心で、幸せな未来を思いっきりイメージしてくださいね。

理想の現実が訪れますよ。

 

執筆:まりな

 

この記事の監修者

西澤さんプロフィール西澤裕倖
潜在意識に存在する【メンタルブロックを取り除くこと】を専門とする心理セラピスト。自身で発見した心のブロックの外し方を体系化して伝えている…プロフィール詳細はこちら

Facebook / Instagram / LINE / Youtube / Wikipedeia

 

コメント

コメントする

目次