シェイプシフトとは爬虫類人が正体を現す現象!意味をわかりやすく説明します

シェイプシフトとは?日本人の中にも潜んでいる爬虫類人!

今回お話しするのは、「シェイプシフト」についてです。

 

シェイプシフター(shapeshifter)という言葉があります。

意味は、いろいろな姿に変身する妖怪のことです。

そしてシェイプシフトとは、その妖怪が姿を変える現象のことをいうのです。

イメージでいうと、アニメ「妖怪人間」に登場する主人公たちが、人間の姿から妖怪の姿へ変わる瞬間を思い出していただければ分かりやすいかと思います。

 

あなたは、レプティリアンという存在をご存知でしょうか?

レプティリアンとは、人類に化け、社会に紛れ込んでいる爬虫類人のことです。

遥か古代から存在していたとされ、国の中枢や大企業などで暗躍しているとされています。

まさに、いろいろな姿に変身する妖怪にあたる存在ですね。

そんな生物が社会に紛れ込んでいるなんていうと、にわかには信じがたい話だと思います。

しかし事実、その存在は世界中でまことしやかにささやかれているのです。

レプティリアンのことについては、こちらの記事で詳しく説明していますので、ぜひ併せて確認してみてください。

⇒レプティリアンの見分け方と特徴は?日本人、有名人にも潜む爬虫類人

 

そして、今回お話しするのは、このレプティリアンがシェイプシフトによって正体を現したことについてです。

 

  1. シェイプシフトとは?
  2. シェイプシフトが確認されたとされる日本人は?
  3. シェイプシフトから分かるレプティリアンの恐怖

 

このようなことについてお話しをしていきますので、ぜひ読んでみてください。

 


宇宙はいつも、私たちにサインを送ってくれています。
そのサインを受け取り、意味を知ることで、あなたの人生は今よりもっと豊かになっていきます。

運命の出会いやご縁に恵まれたり
シンクロニシティが日常になったり
自分の本当にやるべきこと、使命に導かれたり
夢や目標が叶っていったり

人生が驚くほど良くなっていきます。

人生を変えるサインをもっと受け取りたい方
【人生を変えるエッセンス】LINEにぜひご登録ください。

毎回200名以上が参加の大人気企画
人生を変えるブロック解放LIVE
「無料招待クーポン」もプレゼント中!


この記事の監修者 心理セラピスト 西澤裕倖が
週間エコノミストにて
セラピスト、カウンセリングを扱う企業として唯一
「2024年を牽引する40人の経営者」に選出されました。

西澤裕倖についてもっと詳しく知る


目次

シェイプシフトとは?

シェイプシフトとは?

シェイプシフトとは、色々な姿に変わる生き物が、まさに変身する瞬間のことをいいます。

シェイプシフト(Shape shift)を直訳すると「姿が変わること」ですので、そのままと言えばそのままの意味ですね。

しかし、この記事で取り扱っているシェイプシフトは、普通のものではありません。

この記事でいうシェイプシフトとは、人間に化けているレプティリアンがその姿を現してしまった瞬間のことです。

下の映像を確認してみてください。

 

https://www.youtube.com/watch?time_continue=65&v=VBoy–mlgGw

 

ニュースキャースターの目が、一瞬真っ白になったのを確認できたと思います。

これがまさに、シェイプシフトの瞬間です。

このように、シェイプシフトで正体を現してしまったレプティリアンは、たとえば目が爬虫類の目に一瞬変化してしまったり、舌が異様に伸びてしまったり、首筋にトカゲのようなトゲが浮き出てしまったりします。

そして、その瞬間がテレビや写真で残されたことにより、世間で騒がれるようになったのです。

 

では、そもそもレプティリアンとは何なのか?

シェイプシフトには、どのような脅威が隠されているのか?

 

続いて、そのあたりについて説明をしていきましょう。

 

 

社会に潜むレプティリアン(爬虫類人)

レプティリアンは、まるで爬虫類と人間を合わせたような姿をした存在です。

宇宙人であるとか地底人であるという説があり、人類より優秀な頭脳と残忍な性格を持っていると言われています。

そしてそんな爬虫類人が、私たちの人間社会に多く潜んでいるのです。

 

レプティリアンは古代、神のように扱われていたこともあるといいます。

そんなレプティリアンが、なぜ今は人間に紛れて、隠れるように存在しているのか?

それは、裏から人類の進化を拒み、支配するためであると言われています。

彼らは政治やマスメディアを影ながら操作し、汚染された食べ物や空気や水を人類に与え、愚かで操りやすい存在に留めておこうとしているのです。

そのため、政界や財界や芸能界には、レプティリアンがとくに多く潜んでいると言われています。

 

 

シェイプシフトの恐怖とは!?

シェイプシフトの瞬間は、映像や画像で多く残されています。

そしてそれは、とても怖いものです。

もちろん、映像としてショッキングであるという意味の恐怖もあります。

しかし、それだけではありません。

なぜなら、シェイプシフトの瞬間をとらえた映像や画像が多く残されているということは、有名な人間の中にレプティリアンが多く入り込んでいるという証明になってしまうからです。

 

普通、映像や画像で残されやすい人というのは、著名人ですよね?

芸能人を筆頭に、政治家であったり、各国の王室の人間であったり、宗教家であったり、財界の大物だったりするわけです。

そしてそういう人が写っている映像ほど、シェイプシフトは多く確認されています。

つまり、社会の中心であったり情報発信の場であったりが、すでにレプティリアンによって支配されてしまっていると考えることもできるのです。

 

このように、シェイプシフトの映像や画像というものは、実は見た目のインパクト以上にとても怖いものであるわけですね。

もし、あなたがテレビや新聞の情報を鵜呑みにしているなら、少し注意した方が良いかもしれません。

その情報が、レプティリアンによって伝えられた偽物である可能性もありますからね。

 

 

シェイプシフトが確認されたとされる日本人【レプティリアンの可能性有】

シェイプシフトが確認されたとされる日本人【レプティリアンの可能性有】

ここからは、実際に動画や画像などでシェイプシフトが確認されたとされている日本人について紹介していきます。

下記の人々は、レプティリアンである可能性が高いと言われている人たちです。

 

  • 安倍晋三(日本国首相) ⇒ ニュース番組で、目が爬虫類のもの(黒目が縦線の形)に変化していた
  • ATSUSHI(Exile) ⇒ ライブ中の映像で指の関節が爬虫類のように曲がっていた
  • 勝 栄二郎(元経済事務次官) ⇒ 記者会見中の写真で目が灰色に変化していた
  • 松田聖子(歌手) ⇒ ライブ中の映像で、目が爬虫類のもの(黒目が縦線の形)に変化していた
  • 麻生太郎(元日本国首相) ⇒ 記者会見の映像で、目が爬虫類のもの(黒目が縦線の形)に変化していた
  • 高村正彦(自民党副総裁) ⇒ 官邸移動中の映像で、目が爬虫類のもの(黒目が縦線の形)に変化していた

 

このように、シェイプシフトが確認されたとされている人には、政治家がかなり多いという特徴があります。

もちろん、機材の故障であったり、光の屈折の関係でそう見えただけの可能性も大いに考えられます。

しかし、もし仮に、彼らが全員レプティリアンだとしたら、それはとても恐ろしいことです。

なにせ、日本の首相や大物政治家がレプティリアンだということですからね。

つまり、日本はすでにレプティリアンの支配下にあるかもしれない、ということなのです。

 

もちろん私は、そんなことは考えたくもありません。

ですので、上記のシェイプシフトがすべて間違いであることを祈っています。

しかし、シェイプシフトがすべて嘘であるという確証は、残念ながらありません。

 

 

【まとめ】シェイプシフトから分かるレプティリアンの恐怖

【まとめ】シェイプシフトから分かるレプティリアンの恐怖

今回は、シェイプシフトと、そこから見えるレプティリアンの存在についてお話をしてきました。

 

レプティリアンは爬虫類人のことで、現代では、人類に擬態して、社会を裏から操っていると言われています。

そんなレプティリアンが、一瞬本来の姿を現わしてしまう現象が、シェイプシフトでしたね。

 

シェイプシフトが確認されたとされている日本人には、このような人たちがいます。

 

  • 安倍晋三(日本国首相) ⇒ ニュース番組で、目が爬虫類のもの(黒目が縦線の形)に変化していた
  • ATSUSHI(Exile) ⇒ ライブ中の映像で指の関節が爬虫類のように曲がっていた
  • 勝 栄二郎(元経済事務次官) ⇒ 記者会見中の写真で目が灰色に変化していた
  • 松田聖子(歌手) ⇒ ライブ中の映像で、目が爬虫類のもの(黒目が縦線の形)に変化していた
  • 麻生太郎(元日本国首相) ⇒ 記者会見の映像で、目が爬虫類のもの(黒目が縦線の形)に変化していた
  • 高村正彦(自民党副総裁) ⇒ 官邸移動中の映像で、目が爬虫類のもの(黒目が縦線の形)に変化していた

 

見てわかる通り、政治家が多いですね。

これはつまり、レプティリアンがすでに国の中枢に紛れ込み、裏で暗躍しているという可能性を表しているのです。

 

もちろん、光の屈折などが原因で、たまたまシェイプシフトしているように見えただけの可能性も大いにあります。

というより、できれば何かの間違いであってほしいというのが、本音なところです。

なにせ、日本の首相まで爬虫類人になっているとなると、この先日本がどうなってしまうのか、分かったものではありませんからね。

正直なところ、恐怖を覚えてしまいます。

 

しかし人類史には、人類以外の存在が見え隠れしているのも事実です。

それこそ、世界七不思議であったり、ピラミッドやオーパーツとであったり、古代から人類より高い知性を持った存在がいると仮定しないと説明できないようなことが、世界には数多くあります。

そういう意味で考えれば、シェイプシフトというのは、決して楽観できることではないのです。

レプティリアンやシェイプシフトは、今はまだオカルト話として存在しています。

しかし、もしかすると近い将来、レプティリアンやシェイプシフトは笑えない話になっているのかもしれません。

 

もしものときに備えて、あなたも周りの人間をよく観察するようにしてください。

もしかすると気づいていなかっただけで、今も身の回りでシェイプシフトが起こっているかもしれませんよ。

 

 

 

この記事の監修者

西澤さんプロフィール西澤裕倖
潜在意識に存在する【メンタルブロックを取り除くこと】を専門とする心理セラピスト。自身で発見した心のブロックの外し方を体系化して伝えている…プロフィール詳細はこちら

Facebook / Instagram / LINE / Youtube / Wikipedia

 

コメント

コメントする

目次